FTB Infinity Evolved Skyblock 鯖 絶賛稼働中!! 工業、魔術 Modを導入した Minecraft MOD サーバー! FTBやCurseランチャーを使って誰でも気軽に参加できます。Skyblockの世界を舞台に、MODの力を使ってバニラとは一味違う新たな生活に挑戦しましょう!

乾式製錬炉ってなに?

Tinker's Constructのツールのパーツを作る装置だが、鉱石2倍化に使える。
金属などを歯車やインゴット、ブロックにすることができる。
クリアガラスや合金にも使える序盤には必須の装置だ。

材料を用意しよう

乾式製錬炉の建材は、粘土が必要なレンガから作る方法もあるが、粘土は作るのが大変だ。
そこで乾式製錬炉で乾式製錬炉の建材を作ることで、丸石から建材を量産することができる。
まずは最小構成で乾式製錬炉を作ろう。

Groutから、Seared Brick (インゴットのような形) を1S程作ろう。

まずはSmeltery Controllerを1つ作ろう。これが乾式製錬炉の核で、壊すと中の液体がすべて消失してしまう。気を付けよう。
次にSmeltery Drainを1つ作ろう。液体の搬出入口だ。
そしてCasting Basinを1つ作ろう。
Seared Glassを一つ作り、溶岩で満たそう。液体ブレイズも入れることができるぞ。
そして以下のように設置しよう。

底1ブロックはSeared Brickを4つクラフトしてできるSeared Bricks。
後ろは乾式製錬炉の建材なら何でもおkだ。できるだけSeared Bricksを作らないようにしよう。

TransferNodeで自動化しよう

TransferNodeはこのModPackで一番軽いExU配管に使える部品だ。
EnderIO配管やThermalExpansion配管(BCは論外) よりも極力ExtraUtilities配管をするように心がけよう。
以下のように配置し、自動化しよう。
圧縮丸石を乾式製錬炉のコントローラへ搬入し、Casting Basinへ入れよう。
丸石をあらかじめCasting Basinに入れておけば溶けた丸石の節約になるぞ。

生産した建材を使って乾式製錬炉を組み立てなおそう


使いやすい乾式製錬炉はできたかな?乾式製錬炉はこれから長い間活躍することになるでしょう。

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます